nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

変わる事 日本の商売のパレードの法則

パレードの法則は有名ですが、最近少し違うのかな?と思い、書いてみます。パレードの法則は品質において、不具合の80%は20%の原因から発生されるや、売上において80%の売上は20%の顧客から持たされると理解をしており、これまでB to B取引にて同じ経験をしてきました。

B to Cも同様と思っておりましたが、最近違うのかな?と思うようになってきました。アマゾンのロングテールが出てきて、世界は変わってきましたが、身近な周りも変わってきていると思います。それは趣味や休みに行う事が多様になっているという事です。例えば、30年前であれば、スポーツ観戦は80%くらいが、野球+相撲でした。90年代にJリーグが登場し、事態は一変しました。更に最近ではスポーツ観戦は野球、サッカー、相撲、ゴルフ、バレー、卓球、スケート、バトミントン、テニス、はたまた、セパタクローまで数多くのスポーツ観戦があります。おそらくパレードの法則にはなっていないと思います。

このスポーツ観戦でいえば、30年前の人たちが他のスポーツ観戦へ移った事もありますが、それより多いのが、それまでスポーツ観戦を見ていなかった人が、自分の興味がある(興味ができた)スポーツが認知され、テレビ中継が行っていたり、簡単に見に行くことができる環境ができました。そのため、スポーツ観戦で言えば、観戦する人の需要が30年前より増えていると思います。

この事により、スポーツ用品を販売するお店も多岐にわたり、80%の売上を20%のあるスポーツ(単一のスポーツ)で売上を行う事が出来なくなり、パレードの法則は使えなくなってきたと感じております。ただし、ある単一のスポーツの中では販売している商品の20%が80%の売上を上げているかもしれません。

スポーツ観戦だけではなく、趣味は非常に多様化しており、一体いくつ趣味の種類があるのかわからなくなっております。まさにロングテールの世界になってきた感じがします。

無くならない事 缶コーヒー

今後、あまり伸びるとは思いませんが、無くならない事として、缶コーヒーがあります。

 

缶コーヒーは、コンビニのコーヒーが成功し、無くなるのではと思ってました。私も相変わらず缶コーヒーを飲んでます。

 

何故なのでしょうかと考えてみました。缶コーヒーはまず、コーヒーとは違う飲み物で缶コーヒーとは言う飲み物ではないでしょうか。味は本物のコーヒーとは明らかに違います。

 

また、ブラックコーヒーもありますが、甘くて、あまり健康には今ひとつですが砂糖が入った缶コーヒーも欲しい時があります。疲れている時は、甘い缶コーヒーは最高です。二本の缶コーヒーを続けて飲むと今ひとつですが。

 

更に、コンビニのコーヒーと違うのは、飲みきり感があります。少し飲みたい時に、丁度良いサイズです。夏になりますとコンビニのアイスコーヒーは氷があり捨てる時に邪魔です。

 

私だけかも知れませんが、缶コーヒーはすぐ飲めて、缶をすぐに捨てれます。これは、通勤で歩いてコンビニで缶コーヒーを購入して飲んですぐ捨てれるので、荷物がかさばりません。コンビニのコーヒーはなかなか飲みきれないので、コーヒーを持ったまま歩かなくてはいけません。

 

但し、最悪なのが、四月〜六月のコンビニで母ホットの缶コーヒーです。暑くなる季節なので、ホットの缶コーヒーがあまり売れず、缶コーヒーを置いてあるホットの容器が熱くなり、缶コーヒーを持つと、時には持てないくらい熱いです。更に、購入して、缶コーヒーを開けてから飲むのに時間がかかります。これは何とか改善して欲しいです。

 

缶コーヒーは好きですが、コンビニのコーヒーも美味しいと思います。ある時と場所と機会において、飲み分けをすると、良い気持ちになれます。

伸びる事 街の図書館の利用

街の図書館を利用する人は多くなってます。そのため、本が本屋で売れなくなってきています。最近の図書館は何でも置いております。新聞も雑誌もパソコンもいろんな分野の書籍もあり、自由に読めて、本の貸し出しが出来ます。
 

これは、公共機関のサービスの中では、トップクラスになっていると思います。更に図書館はエアコンも効いているので、読書をするには大変良い環境となってます。また、最近では喫茶店も併設している図書館もあるそうです。図書館を起点にいろんな店が併設すると、一種のモールになってしまいますね。

デメリットは大きな声や友人達との会話で周りに気を使わなくてはいけないという事です。また、当たり前ですが、借りた本は返さなくてはいけません。本の所有欲が強い男性には少し物足りないかもしれません。これは将来、本の保有期間が何年間か過ぎれば、格安で販売を行うようになるのではないでしょうか。

図書館で提案したいのが、(本屋でも同じですが・・)分野別にアロマ等の匂いをコーナーの前につければいいのではないでしょうか。例えば、最新コーナーでは柑橘系とか、歴史コーナーではラベンダーとか匂いをつければ、このコーナーだと誰もが認識できます。但し、本に匂いがつきますと読みづらい人もいるので、コーナーの前だけで、ほんのりと匂いがあればいいですね。