nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

継続する事 成功までの数字のカラクリ

継続は大事です。 継続した結果の数字を下記のイメージで表してみます。

予想される結果がこの数字になります。

「100%  80%  20%  10% 5 %」

例えば、英語を学ぶ事を考えてみます。

100人=100%   英語が必要だと聞いた人の数が100人の場合
   80人 =   80%   ネットや本で何気なく調べる人数
   20人=   20%   実際に英会話や、ネット講座に申し込みする人数
   10人=  10%  1年間継続する人数
    5人=   5%  運のある人=英語が上達し、海外駐在するかもしれません

通常、ある分野での5%はその道のプロに なります。

継続する事により、成功確率は100人参加しても10倍になり、競争相手は10人になります。5%が成功であれば、継続するだけで、成功確率は50%になります。

このように継続が素晴らしいな結果をもたらす事がわかります。 一度、このように想像を行えば、自分自身で継続していれば、10人にはなったなあと思う事があるのではないでしょうか。もしくは、成功した人はそうだったなあと思う事はないでしょうか。

生活も仕事も同様です。
仮に営業職を行っている場合に例えてみると、困難な場合でも、継続して訪問・提案をする事により、受注拡大つながります。営業は粘りが重要だと言う話も時々聞きますが、実際は上記の数字の比率で証明できるかもしれません。業界によっては、継続の期間が異なり、1年間ではなく、何十年も掛かる業界もあるかとは存じます。

単に継続と言っても人によって、期間が異なり、気が遠くなる場合もあるかも
しれませんが、その場合の目標も100%のゴール(目標)を80%,20%,10%,5%
と分けて、ポイント毎にゴールしてみてはいかがでしょうか。