nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

増える事 年を重ねる毎の脳のバイアス

脳のバイアスはあるとよく言われます。興味がある事が生まれると、突然興味のある事が目に入ってきます。例えば、英語に興味を持つと、急に英会話の看板が目にとまります。今まで同じ道を通っていたのに、なぜか目に入り出します。また、子供が出来たと聞けば産婦人科の看板やテレビの子供のニュースが入ってきます。

 

これは、よく言われていますが、脳が興味のある事を見えるように、他の情報を遮断し、視覚や、聴覚などに、興味のある事を収集するようになるらしいです。自分の経験的にも、その通りだと思います。

 

更に、年齢を重ねる毎に、興味の幅が広がり、バイアスがかかるケースが多くなります。それは、十代や二十代の時は、興味がある事が沢山出て来ますが、その内選ばれた興味に集中しがちになるため、バイアスがかかる前に、本当に興味がある事の数が少なくなるので、バイアスはあまり掛かりません。また、能の回転も早いです。

 

三十代以降になると、これまでの経験から、政治、経済、文化、生活などの情報の幅が広がり、興味を持つ情報が多くなります。そうなると、バイアスが即座にかかると同時に、バイアスがかかる時間が早くなります。

 

脳って本当に不思議です。確かに、もしバイアスが掛からず、全ての興味ある事が見える様になれば、情報量が多すぎて、おかしくなりそうです。人って上手く出来てますね。