nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

伸びる事 街の図書館の利用

街の図書館を利用する人は多くなってます。そのため、本が本屋で売れなくなってきています。最近の図書館は何でも置いております。新聞も雑誌もパソコンもいろんな分野の書籍もあり、自由に読めて、本の貸し出しが出来ます。
 

これは、公共機関のサービスの中では、トップクラスになっていると思います。更に図書館はエアコンも効いているので、読書をするには大変良い環境となってます。また、最近では喫茶店も併設している図書館もあるそうです。図書館を起点にいろんな店が併設すると、一種のモールになってしまいますね。

デメリットは大きな声や友人達との会話で周りに気を使わなくてはいけないという事です。また、当たり前ですが、借りた本は返さなくてはいけません。本の所有欲が強い男性には少し物足りないかもしれません。これは将来、本の保有期間が何年間か過ぎれば、格安で販売を行うようになるのではないでしょうか。

図書館で提案したいのが、(本屋でも同じですが・・)分野別にアロマ等の匂いをコーナーの前につければいいのではないでしょうか。例えば、最新コーナーでは柑橘系とか、歴史コーナーではラベンダーとか匂いをつければ、このコーナーだと誰もが認識できます。但し、本に匂いがつきますと読みづらい人もいるので、コーナーの前だけで、ほんのりと匂いがあればいいですね。