nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

無くならない事 缶コーヒー

今後、あまり伸びるとは思いませんが、無くならない事として、缶コーヒーがあります。

 

缶コーヒーは、コンビニのコーヒーが成功し、無くなるのではと思ってました。私も相変わらず缶コーヒーを飲んでます。

 

何故なのでしょうかと考えてみました。缶コーヒーはまず、コーヒーとは違う飲み物で缶コーヒーとは言う飲み物ではないでしょうか。味は本物のコーヒーとは明らかに違います。

 

また、ブラックコーヒーもありますが、甘くて、あまり健康には今ひとつですが砂糖が入った缶コーヒーも欲しい時があります。疲れている時は、甘い缶コーヒーは最高です。二本の缶コーヒーを続けて飲むと今ひとつですが。

 

更に、コンビニのコーヒーと違うのは、飲みきり感があります。少し飲みたい時に、丁度良いサイズです。夏になりますとコンビニのアイスコーヒーは氷があり捨てる時に邪魔です。

 

私だけかも知れませんが、缶コーヒーはすぐ飲めて、缶をすぐに捨てれます。これは、通勤で歩いてコンビニで缶コーヒーを購入して飲んですぐ捨てれるので、荷物がかさばりません。コンビニのコーヒーはなかなか飲みきれないので、コーヒーを持ったまま歩かなくてはいけません。

 

但し、最悪なのが、四月〜六月のコンビニで母ホットの缶コーヒーです。暑くなる季節なので、ホットの缶コーヒーがあまり売れず、缶コーヒーを置いてあるホットの容器が熱くなり、缶コーヒーを持つと、時には持てないくらい熱いです。更に、購入して、缶コーヒーを開けてから飲むのに時間がかかります。これは何とか改善して欲しいです。

 

缶コーヒーは好きですが、コンビニのコーヒーも美味しいと思います。ある時と場所と機会において、飲み分けをすると、良い気持ちになれます。