nobirukotoのブログ

今後5年間の伸びる事の想像をして参ります

スポンサーリンク

克服する事 昔の怖い映画

昔から、恐怖映画は見れませんでした。その代表は八つ墓村です。昔から八つ墓村のたたりじゃあと言うのが怖くて、見れませんでした。テレビCMを見ただけて、中身を全く知りませんでした。

 

ついに、見てしまいました。実際はあまり、怖くありませんでした。小さい頃と違い、いろいろな経験を積んでいるので、怖くはなかったです。また、場面設定が昭和の戦後なので、少し、おどろおどろしい場面がありますが、映画だと思えば、すんなり見れました。

 

この映画をTRICKがパロディすれば面白いのではないかと思いました。

 

また、この映画は五感にうったえてきて、満足感がありました。わたしが見たバージョンは豊悦と浅野優子が出ているバージョンでしたが、豊悦の探偵として、少し出来ない振りが良かったです。

 

恐怖映画はたくさんありますが、あまり見た事はございません。よく恐怖映画が大好きな人がいますが、あまり理解出来ませんでした。今回八つ墓村を見る事によって、恐怖映画は真っ直ぐに五感にうったえてくるので、ある意味、アクション映画と同じかなと感じました。

 

今後は、多分、恐怖映画は見ませんが、今回克服出来たのではないかと存じます。

 

と思ってましたが、どうやら、本当の八つ墓村は違うらしいと、友人から言われました。スケキヨは出てないし、湖の中から脚も出てないと言われました。見てみようかな?